会計事務所

  • 投稿
  • 2014/07/11
  • 編集
  • 2015/02/17

自計化の推進?会計業界を知る

自計化の推進

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回からはそもそもの会計業界についてのお話です。

私自身、実際にこの業界に足を踏み入れたのは10年前になります。そもそも記帳代行を仕事としていましたので、隣接分野で仕事はしていましたが、実際に会計業界全体のことはあまりよくわかりませんでした。

そんななか10年前に仕事で数多くの会計事務所を回ることになり色々な衝撃を受けました。

そんなお話です。

世間の常識、業界の非常識

元々知識のなかった私は、そもそも税理士や会計士さんというだけで何か近寄りがたいイメージを抱いていたのと同時に、すばらしい人格者の方が多いのだろうなーと漠然と感じていました。(当然そういう方も多くいらっしゃいましたが…)
そのような中、まずは東海地区の会計事務所を中心に訪問をはじめました。

そして、さっそくの衝撃!!

それは・・・態度が悪い!!

当時私は20代、そして先生方は50~70代の方が多く、あまりにも世代がかけ離れていたために多少バカにされることは予想していたのですが、それを上回る態度・・・・。
いままでは金融機関や一般企業との付き合いが多く、いくら年配とはいえ、最低限の社交辞令みたいなものがあったのですが、それがほとんどない・・・

いま思い返すと、それだけフランクな業界ということで、今となっては、そのほうがかえってやりやすいのですけどね。その当時よく聞いた話では、「そもそも組織人にならない人間が税理士には多いんだよ!!」と、多くの当事者からアドバイスいただきました。

世間の常識、業界の非常識と…。

 

まあそんなことはさておき、
1年くらいこの業界を回っているといろんなことが学べました。

まず業界用語として必須なこの言葉、
『自計化』です。

 

「自計化」の推進

皆様ご存知ですか?自計化って。

意味は、企業が自ら会計ソフトに必要データを入力することです。

そして会計事務所は様々なメリットを理由に、この「自計化」の推進を図ります。

記帳代行をメインにしてきた私としてはある意味これは衝撃で、
なんて会計事務所にとって楽な仕組みなのだろうと思いました。

当然、自計化と記帳代行、それぞれに一長一短はあります。

それがなになのかをきちんと理解した上で会計事務所と相談の上、どちらで行くべきなのかを決めてください。また、企業の成長ステージによって途中で記帳代行から自計化に変更する企業も多くございますので、都度の変更も可能です。

もっとより具体的に聞きたいという方は、気兼ねなくご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

業種特化について聞く男性

  • 個人向け
  • 法人向け

税理士業界の業種特化について

寒さが一段と厳しくなってきましたが、この季節になると税理士業界は身が引き締まるシーズ…

記帳代行を示す手

  • 個人向け
  • 法人向け

記帳代行について

今回は記帳代行について詳しくお話いたします。 前回、ビジネスモデルの話の中で、…

税理士の相場

  • 個人向け
  • 法人向け

個人事業主が税理士を探す際に良くある「税理士料金の相場を教えて」の回答

確定申告時期が近付いてきて、現在税理士を探している個人事業主の方も多いのではないでし…

注意点を説明する男性

  • 個人向け
  • 法人向け

会計事務所のビジネスモデル②

大変ご無沙汰しております。 各方面から早くブログ更新しろとお叱りを受け、ようや…

IT業に強い税理士とは

  • 個人向け
  • 法人向け

IT業界に強い税理士の顧問料の相場とは

IT業界は他の業界に比べて、お金の流れがシンプルで分かりやすいので、税理士や会計事務…

もっと見る

エフアンドエムネット株式会社    会計ドットコム編集長  皆川  知幸

中小企業診断士の資格を保有し、会計事務所コンサルタントとして活動。今まで会計関連のセミナー講演実績は延べ300回を超え、出会った会計事務所は 延べ1000会計事務所を超える。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る