事業承継

  • 投稿
  • 2014/07/08
  • 編集
  • 2015/02/24

知人に会社を事業承継する際の注意点とは?

安全性分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継とは、会社や社長などの経営者が、後継者に事業を承継することを指しています。
経営者の親族に会社を継がせるのが主な方法ですが、他にも従業員や知人に事業を承継することも多くあります。

知人に会社を事業承継する際の注意点として、相続財産の評価などの相続対策と後継者の育成などの、会社の存続発展などの課題があります。また、事業承継に伴う法律上の手続きも必要となります。

右肩上がりの経済成長を見込むためにも、知人への事業承継は、経営者と後継者の意思疎通が大変重要で、後継者の育成や会社の改革が必要となります。

マルナゲ

早い段階で十分に準備する

事業承継は経営者にとっては最後の大事業となりますが、後継者にとってはスタートとなります。
どの企業であっても必ず訪れる重要な問題ですから、早い段階から十分な準備を行なっておくことが、事業承継を成功させるために必要不可欠な要素です。

近年、中小企業では経営者の高齢化がますます進んでいますが、後継者がすでに決まっているのは企業全体の25%とも言われ、特に親族内での承継はますます困難となっています。実際に、後継者不在で廃業する企業数は、7万社ほどにものぼるというデータもあるほどです。

 

後継者の育成

知人への事業承継で課題となるのは、後継者の育成と教育です。

親族や従業員であれば指導がしやすいものの、知人となると教育や育成が難しいと感じることもあります。
とはいえ、事業存続に有益な承継を最優先に考えて、知人の名から数名の後継者候補を選定して、時間をかけて教育・育成し、最終的には皆の協力と賛同を得られることが、円滑な承継を行なう上でとても大切なポイントとなります。

経営者と後継者それぞれに、事業承継成功のために取り組み、双方が施策を打ち融合させようという気持ちが必要です。

 

会社の改革

事業承継を成功させるためには後継者育成のみではなく、
後継者を支えるための社内の雰囲気協力体制を作っていく必要があります。

いくら後継者が立派でも他の社員が受け入れていなければ成功しませんし、逆に後継者に経験がなくても従業員が協力すれば何の影響もなく成長し続けることができます。それで、社内の改革を行なうことで、安心して事業承継をすることはできます。

 

事業承継の手続き

事業承継では、個人・法人・個人→法人、法人→個人など、様々な形態が想定されます。

単なる「名義変更」の場合は比較的簡単な届出で済む場合がほとんどです。
とはいえ、原則として以前の経営者は廃業届を出し、同時に新しい経営者の新規申請をすることが必要となります。

 

事業承継の税額

事業承継税制とは、非上場株式などに係わる相続税・贈与税の納税猶予の制度のことです。

相続税の納税猶予と贈与税の納税猶予の、いずれも税額のうち一定額の納付を猶予してくれるという制度ですが、猶予された税額は一定の場合に免除されることになります。

 

債務関連

借入金の存在は、事業承継を行う上での大きな問題の一つとなります。

承継する段階で、できるだけ借入金を減らすようにしましょう。


マルナゲ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

事業承継スキーム

  • 個人向け
  • 法人向け

事業承継のスキームはどのようになっていますか?

事業承継のスキームは大きく分けて4つあります。 親近者や会社関係者へ…

M&Aによる事業承継

  • 個人向け
  • 法人向け

M&Aによる事業承継とは?

M&Aとは、合併(Merger)と買収(Acquisition)の英単語の頭…

従業員への事業承継

  • 個人向け
  • 法人向け

従業員に会社を事業承継する際の注意点とは?

事業承継とは、会社の経営者が後継者に事業を承継することをいい、従業員や親族ま…

生前贈与を考える家族

  • 個人向け
  • 法人向け

子供に事業承継をする上での対策はありますか?

事業承継の対策は、大きく2つに分けられます。 「後継者と関係者への対策…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る