確定申告

  • 投稿
  • 2014/06/28
  • 編集
  • 2015/02/25

白色申告をする場合の方法を教えてください

白色申告の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

白色申告をする場合に必要なのは確定申告書Bと収支内訳書、そして控除を受ける際に必要な添付書類です。

これらの書類とは別に簡単な帳簿を記帳し、請求書や銀行振り込みの記録、経費の領収書などとともに決められた期間、保存しておかなければなりません。
毎年2月16日から3月15日の間に、必要書類を税務署や市町村の税務課に持参もしくは郵送すれば白色申告は完了です。

確定申告の教科書

白色申告の必要書類

白色申告の際に必要な書類について説明します。

 

確定申告書B

確定申告書は第一表と第二表に分けられます。

第一表

住所氏名生年月日や、1年間の事業収入や不動産収入、給与収入などすべての収入金額を記入します。
そして、そこから経費などを差し引いた所得金額を記入し、各種控除の金額を記入します。最後に税金の計算を行います。

第二表

源泉徴収された税額、各種控除の金額、扶養控除の対象者などの名前を記入します。
スムーズに記入するためにあらかじめ源泉徴収票や、医療費の領収書、生命保険料の控除証明書などを用意しておきましょう。

 

収支内訳書

1年間の売上仕入などの経費を記入します。
自動車などの減価償却できるものがある場合は収支内訳書に記入します。

 

控除を受けるために必要な書類

各種控除を受けるために、それぞれ必要書類が定められていますので代表的なものをご紹介します。

医療費控除

支払った医療費の領収書が必要です。すべて添付しなければなりません。

生命保険料控除・地震保険料控除など

保険会社が発行する控除証明書が必要です。

雑損控除

災害などで被害を受けて、修理や建て替えなどのために費用を支払ったことが分かる領収書が必要です。

 

白色申告の事前準備の方法

白色申告は上記の書類があれば行うことができますが、これ以外にも準備なければならない書類があります。

 

帳簿

白色申告の場合も、事業の収支が分かる帳簿を付けなければなりません。1年間の支出と収入が分かるようにノートなどにまとめておきましょう。

これらの帳簿は7年間保管しておかなければなりません。

 

領収書など

経費として支出したことが分かる領収書やレシートも保管しておかなければなりません。提出する必要はありませんが、5年間保管しておくように、と法律で定められています。

 

白色申告の提出方法

白色申告は、提出期限や提出先が定められていますので期限内に所定の提出先に提出しましょう。

 

白色申告の提出期限

白色申告は、毎年2月16日から3月15日までの間に提出しなければなりません。
平日の午前8時30分~午後5時まで受け付けています。それ以降の時間や休日、祝日などは時間外収受箱に投函することもできます。

 

白色申告の提出先

所轄の税務署や、市町村の税務課に提出しなければなりません。持参・郵送どちらでも受け付けています。

これ以外にも、e-Taxというインターネットのシステムを利用して提出することも可能です。e-Taxを利用するためにはあらかじめ電子証明書を発行してもらい、ICカードリーダーを購入しておかなければなりません。


確定申告の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

白色申告の領収書の提出

  • 個人向け
  • 法人向け

白色申告をする場合、領収書も提出しなければいけませんか?

白色申告を行い、経費を算入する場合、各種領収書の提出義務はありません。しかし…

創業補助金と会社設立

  • 個人向け
  • 法人向け

白色申告から青色申告に変更はできますか?

はい、できます。 申告書を提出する前年の3月15日までに、所轄の税務署…

延滞税の計算

  • 個人向け
  • 法人向け

白色申告の必要書類は記帳義務化で変わりましたか?

いいえ。白色申告に必要な書類に変更はありません。 白色申告をされる場合…

経営分析

  • 個人向け
  • 法人向け

白色申告の帳簿作成義務とはなんですか?

白色申告の帳簿作成義務とは、すべての白色申告者に対して、帳簿付けが義務付けら…

専従者給与と専従者控除

  • 個人向け
  • 法人向け

専従者給与|Q.専従者給与と専従者控除は違うのか?

専従者給与と専従者控除は、全く異なります。 「専従者給与」…青色申告者…

もっと見る

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る