確定申告

  • 投稿
  • 2014/06/27
  • 編集
  • 2015/02/25

確定申告の還付金の受取について教えてください

還付金の受け取りについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告を行い、支払いすぎた所得税が還付される還付金は、指定した銀行口座やゆうちょ銀行への振込かゆうちょ銀行や郵便局店頭での受取の2種類を指定することができます。

申告を行ってから受け取れるまでの期間は、繁忙期で1か月半~2か月程度です。
e-taxという確定申告システムを利用したり、還付金申告を税務署の忙しい時期以外に行ったりすればもう少し早く還付金を受け取ることも可能です。

確定申告の教科書

 

還付金を振込みで受け取る場合

還付金の受取は指定すればどんな金融機関の口座でも良いという訳ではありませんので注意してください。

 

還付金を受け取れるのは本人口座のみ

家族や、配偶者といった近しい人の口座でも、本人以外の口座は還付金の受取には認められていません。本人口座であっても屋号が入っている場合は利用できませんので、個人名のみの口座を指定するようにしましょう。

 

インターネット銀行は要注意

各種銀行や信用金庫、農協などの金融機関は還付金の受取口座にすることができます。

しかし、インターネット専用銀行は、銀行によっては対応していませんので、自分が使っているインターネット専用銀行に還付金の受取ができるかどうかを、事前に確認しておきましょう。

 

ゆうちょ銀行は口座番号の書き方に注意!

ゆうちょ銀行で還付金を受け取りたい場合は、口座番号の記入方法が特殊ですので気をつけましょう。

預金通帳に書かれている5桁の記号番号と、2から8桁の番号をつなげた数字を書いてください。他行との取引に使うことができる店番号や口座番号は還付金受取には対応していませんので、書いてはいけません。

 

 

ゆうちょ銀行や郵便局窓口での受取

自分で最寄りのゆうちょ銀行や郵便局の窓口を指定しておくと、その場で現金を受け取ることができます。
振込での還付金受取の都合が悪い人は、これを利用するとよいでしょう。

 

還付金受取までの期間

還付金受取は、税務署が忙しい時期に確定申告を行うと2か月程度を要することもあります。

 

還付金を早く受け取る方法

少しでも早く還付金を受け取りたいという人のために早く受け取る方法をご紹介します。

 

e-Taxを利用する

e-Taxという確定申告のシステムを利用すれば3週間程度で還付金を受け取ることができます。
1,2月であれば2,3週間で処理されます。

e-Taxを利用するためには、
事前に電子証明書の交付を受け、ICカードリーダーを購入する必要があります。

最初は少し面倒ですが、一度導入すれば確定申告のために仕事を休んだり、出かけたりする必要はありませんので大変便利です。

 

還付申告のみの場合は繁忙期を避ける

還付申告は、確定申告と異なり翌年の1月1日から行うことができます。

通常の確定申告の期間は2月中旬から3月中旬です。
この期間に多くの個人事業主やサラリーマンなどが確定申告を行いますので、税務署や市町村の窓口は大変混雑します。ですから、この期間に入る前の1月に還付申告を行えば比較的早く還付金を受け取ることが可能です。

 

口座と名義は間違っていたら受取に時間がかかる

当たり前のことですが、確定申告書に記入する口座に誤りがあるとそれだけ受取が遅くなります。
口座番号はもちろんのこと、口座の名義が1文字でも違っていると入金ができません。


確定申告の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

還付申告書に記入

  • 個人向け
  • 法人向け

還付申告と確定申告の違いを教えてください

還付申告と確定申告の大きな違いは、税金を納めるのか還付されるのかで分かれます…

還付申告の方法

  • 個人向け
  • 法人向け

還付申告の方法について教えてください

還付申告は翌年の1月1日から5年の間に、確定申告書と必要な添付書類を持って税…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る