税務調査

  • 投稿
  • 2014/07/14
  • 編集
  • 2015/02/25

税務調査への対策方法を教えてください

税務調査対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務調査とは、税務申告が適正であったかどうかを国税局、税務署がチェックすることをいい、その対象期間は5年間に及びます。

税務調査は、だれにでも入る可能性があります。
事前にきちんと帳簿管理を行い、正しい申告が行うことが、一番の対策方法といえます。

また、税理士など専門家に申告を依頼している場合は、申告書類に税理士印が押されますので、第三者の視点でチェックが行われていると税務署も判断します。
少しでも会計処理に不安な点がある方は、顧問契約の依頼をしておくのもよいでしょう。

万が一税務調査が入った場合、きちんとした対応を行うためには、日ごろから経営者、経理担当者、社員全員が正しい納税意識を持つことが大切です。

マルナゲ

税務署から問い合わせがあった場合

税務調査対応

申告書類提出後に税務署から問い合わせがある場合もあります。

それは必ずしも、税務調査とは限りません。
添付書類の不備や、単なる計算ミスの連絡の場合もあります。

 

好まれない対応例

ある中小企業の一つの例をご紹介します。

申告書類提出後、すぐに税務署から電話あった際、社長は税務調査と思い込み、居留守を使い、折り返しの電話もせず引き伸ばしました。税務署側では、単なる提出書類のミスを指摘したかったのですが、居留守を使うなどして「社長と連絡が取れない」との答えが返ってくることから、何かあるのではないかと税務調査に切り替えたと言うケースがあります。

税務調査を怖がったり、逆に凄んで見せたりする人がいますが、これなど全く意味がないことです。

実際には個人事業主が税務調査を受ける割合は、法人と比べると、低い確率と言えます。税務署からの問い合わせにはきちんとした対応を行いましょう。

なお、税務調査に入られる際には通常事前通知といって、電話連絡があります。
事前通知について、詳しくは「Q.税務調査の事前通知とは何ですか?調査告知はされますか?」をご確認ください。

 

 

調査の対象になりやすい項目

税務調査対策

税務調査の対象となりやすいのは、以下のような場合です。

  • 前年より売上が極端に増えた。
  • 利益率が極端に良くなった。
  • 現金商売、過去の調査で多額の修正申告をした。

また、会社が税務調査の対象となる基準に関して、詳しくは「Q.税務調査が会社に入る基準はあるの?」をご確認ください。

 

 

税務調査の対応

税務調査対策

税務調査の狙いは、現金残高の確認が主な目的です。

調査には、過去3年間の帳簿と、請求書領収書を用意し、聞かれたことに誠実に答えましょう。
分からないことや、記憶があいまいなことは無理に答えない方がよいでしょう。きちんと調べてから、後日返事をするとよいでしょう。

 

 

帳簿、書類の保管義務

税務調査対策

帳簿書類の保管は、7年間保存しなければなりません。
(5年間の保管でいい書類もあります。)

帳簿書類の保存期間について、詳しくは「Q.経理書類の保存期間は何年間ですか?」をご確認ください。

 

また、税金に関して特に見落としがちになりやすいのが、印紙税です。
契約書によって、内容によっては印紙を貼らなければならないものも多くあります。

重要な印紙税

印紙は消印して始めて印紙税を納めたことになります。印紙税のペナルティは本来の印紙税額の3倍となるので注意しましょう。

具体的な取引などでの税務取扱いについては、文書により、「事前照会」という形で、国税局に「文書回答手続」を求めることも可能です。

 

 

まとめ

税務調査対策

税務調査対策は、多くの経営者の関心事でしょう。

日ごろからきちんとした会計処理と申告を行うことと、経理担当者だけでなく会社全体の納税意識を高めることで、税務調査に入られる可能性を低めることが出来ます。

また、万が一税務調査に入られた場合も、きちんと領収書などの証明物を保管しており、帳簿書類が管理できていれば、指摘されても安心して対応することができます。

税務調査対応が十分に出来ないと、調査官の指摘通りに追徴を行なうことになります。税務調査が入った場合は、すみやかに顧問税理士に相談するなどし、専門家による対応を行うことをおすすめします。


マルナゲ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

税務調査を調べる男性

  • 個人向け
  • 法人向け

法人の税務調査件数は年間どれぐらいですか?

国税庁の統計資料によると以下の通りです。 -法人税の実地調査- …

タレコミをする秘密文書

  • 個人向け
  • 法人向け

タレコミなどで税務調査に発展しますか?

タレコミが税務調査に発展するケースはまれにあります。 ただ、そう頻繁に…

税務調査で否認される経費

  • 個人向け
  • 法人向け

税務調査で否認される経費はどのようなものですか?

税務調査によって否認される可能性が高い経費は、多くのパターンが考えられます。…

生命保険をすすめる女性

  • 個人向け
  • 法人向け

税務調査士とはなんですか?

税務調査士とは通称TP_I(Tax Profession_investiga…

相続放棄を示す男性

  • 個人向け
  • 法人向け

税務調査では何年分さかのぼられますか(遡及年数とは)?

税務調査において、さかのぼられる対象年数のことを「遡及年数」といいます。 …

もっと見る

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る