経費

  • 投稿
  • 2014/07/11
  • 編集
  • 2015/02/26

経費の証明書類は領収書でなくレシートでは認められませんか?

経費の証明書類の扱い

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシートのみでも、経費の証明書類としては認められます。

ただ、レシートでは本当に本人が支払ったものなのか疑問が残りますので金額が大きいものは領収書を取っておいた方が無難です。消耗品レベルであれば問題ありません。

確定申告の教科書

経費の証明書類

個人事業主や会社経営をしている場合、収入から経費や各種控除を差し引いたものが所得となりますので、事業で支出したものはすべて経費に算入したいところです。

そのためには証明書類が必要になります。

経費の証明書類は、領収書、レシート、銀行の取引履歴などが認められています。

 

レシートを証明書類とする場合の注意点

ただ、レシートは本人が支払ったものという確実な証拠とはなりませんので、高額な出費の際には領収書を取っておいた方がよいでしょう。

また、古いレジから打ち出されたレシートは日光に長時間さらされていると文字が薄くなり読めなくなることがあります。
レシートを証明書類とする場合には保管場所に気をつけましょう。

 

レシートの保管期限

確定申告の際に、レシートや領収書といった経費の証明書類を提出する義務はありません。

しかし、7年間保存しておかなければなりません。

 

レシートに経費以外のプライベートの出費が混在している場合

事業用の消耗品や図書を購入する際に、自分の個人的な買い物をした場合、レシートには経費とプライベートの出費が混在してしまうことになります。

そういった際には、経費の部分にしるしをつけ、レシートの裏にメモ書き程度に何のために購入したのかを記入しておきます。

レシートの整理方法

レシートは領収書よりも薄く、枚数が多くなるので整理と保管をきちんとしておかなければ、確定申告の際に手がつけられない状態となります。

整理整頓出来ていなければ紛失する可能性も高くなります。万が一税務調査に入られた場合に、すぐに探すことができませんので、時間も手間も倍以上かかってしまいます。ですから、レシートは自分の中で整理する日を決めて定期的に整理するように心がけましょう。

 

レシートは毎日封筒やクリアファイルに分別する

レシートや領収書はもらうたびに封筒やクリアファイルなどに勘定科目別に分別しておきましょう。
これを自分が決めたサイクルで台紙に貼るようにすれば見やすく、記帳する時に便利です。

 

台紙に貼る

封筒などに分別しておいたレシートは定期的に台紙に貼り付けましょう。

わざわざスクラップブックなどを用意しなくてもコピー用紙で十分です。それほど経費の支払いがない場合は1か月に1度程度でも問題ありませんが、支出が多い場合は1週間に1度は貼らなければ収拾がつかなくなってしまいます。

台紙に貼るタイミングで記帳をするようにすれば、記帳漏れやレシートの紛失を防ぐことができます。

自分なりのルールを決めて、ためこまずにこまめに整理と記帳を行いましょう。


確定申告の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

経費の管理

  • 個人向け
  • 法人向け

経費の管理方法はどのようにすればいいですか?

経費は支払い方法ごとに、 以下のような3つのグループに分類すると管理しやす…

経費率の割合

  • 個人向け
  • 法人向け

経費の割合は所得に対してどれくらいがよいとされていますか?

所得に対する経費の割合について、どのぐらいの割合が適正化という正解はありませ…

支払い悩むサラリーマン

  • 個人向け
  • 法人向け

引き落としで領収書がなくても経費にいれる方法は?

一般的に経費を算入する際は、証明物として領収書の保管が必要と言われています。…

経費の処理

  • 個人向け
  • 法人向け

経費の処理方法を教えてください

経費を処理するためには、経費の領収書やレシートなどの証明書類と帳簿が必要です…

雑費と消耗品費の違い

  • 個人向け
  • 法人向け

領収書を紛失した場合、経費に認められませんか?

領収書を紛失した場合でも経費計上が出来る場合があります。領収書を紛失してしま…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る