経費

  • 投稿
  • 2014/06/25
  • 編集
  • 2015/02/26

個人事業主に給与はないのですか?

分納の計算

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業主には給与という概念はありません。

「売上-仕入-経費」で求めた金額が、すべてご自身の所得になります。

事業主の口座から生活費を捻出する場合は、「事業主貸」として帳簿処理を行ってください。

マルナゲ

個人事業主の給与

個人事業主の場合、従業員に給与を支払うとその費用は経費として処理されます。
しかし、事業主本人には所得税法上給与という概念がないため、経費に組み込むことは認められていません。

それは、個人事業主は、「売上-仕入-経費=所得」という形で、ご自身で所得を計算するためです。

もし給与を経費にすることを認めると、経費を増やし、所得を好きなだけ減らすことが可能となってしまいます。自分の給与を高くすることで、納める所得税を少なくすることは認められないということですね。

つまり、個人事業主は、年度が終わるまでは所得の金額を確定させることが出来ないということです。そうなると、毎月の生活費の捻出に困ってしまいますね。

では、どのように生活費の管理を行えばよいのでしょうか。

 

個人事業主の給与の帳簿処理

個人事業主の場合でも、毎月決まった額を給与のように生活費に回している方が多くいらっしゃいます。給与として組み込むことができないのであれば、どのようにして帳簿上で処理をしているのでしょうか。

個人事業主が、事業に使用している口座から生活費を下す場合、「事業主貸」という科目で処理を行います。

たとえば、毎月30万円を給与のように生活費に回す場合は、以下のように帳簿に記載をします。

「事業主貸」300,000円/「普通預金」300,000円

上記のように記載することで、「事業主貸」として事業の預貯金から個人のお金に回したということを帳簿に残すことができます。

会社のお金から使途不明のお金の引き出しがあると帳簿上で誤差が生じてしまいます。それを防ぐためには、「事業主貸」とすることが大切ということですね。

 

では、事業の口座の預金が少なくなってきた場合、個人の口座からお金を戻すのはどのようにするのでしょうか。

30万円を戻した場合は「事業主借」という科目で、以下のように帳簿に記載をします。

「普通預金」300,000円/「事業主借」300,000円

このように記載することで、事業用口座にいきなり30万円の入金があっても、帳簿上で誤差が生じないようになります。

 

これらの「事業主貸」と「事業主借」は、年末に行う決算で処理をします。
「事業主貸」と「事業主借」の相殺を行い、その差額分だけ貸借対照表への記入を行いましょう。

仮に、年間360万円の事業主貸があり、事業主借が0円の場合でも、帳簿処理をきちんと行っていれば帳簿と口座の額が一致するため、所得の算出に影響はありません。

 

 

まとめ

個人事業主は、役員報酬として給与を経費処理できる法人とは違い、自分に給与を支払うことが出来ません。

上記のようにきちんと帳簿付けを行うことにより、事業の資金を管理しながら個人のお金の捻出をすることは可能となります。個人事業主の帳簿づけをするうえで、「事業主貸」と「事業主借」は大きなポイントとなりますので、ご注意ください。

会計ソフトを活用すれば、年末の計算や帳簿づけも簡単にできます。事業のお金と個人のお金をきっちりと管理し、上手な事業経営を行いましょう。

SBI証券


マルナゲ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

外注費をパソコンでまとめる男性

  • 個人向け
  • 法人向け

外注費の計上方法を教えてください

外注費とは、外部の業者にアウトソーシングしたり請負に出した場合などの費用です…

現物給与のプレゼント

  • 個人向け
  • 法人向け

現物給与で非課税となるものはどのような項目ですか?

「給与」と聞くと現金で受け取るというイメージが強いと思われますが、現金で受け…

収入の計算

  • 個人向け
  • 法人向け

給料・給与・賃金・報酬の違いは何ですか?

企業から付与される金銭について、「給料・給与・賃金・報酬」など、様々な形式に…

現物給与とは

  • 個人向け
  • 法人向け

現物給与とはなんですか?

現物給与というのは、「金銭で支払われる以外の給与」のことを指します。 …

年金所得者の男性

  • 個人向け
  • 法人向け

役員報酬は経費になりますか?

代表取締役や取締役などの役員に支払う給与である役員報酬は、定められた範囲内で…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る