経費

  • 投稿
  • 2014/07/10
  • 編集
  • 2015/02/26

経費削減の方法として効果的な方法を教えてください

経費削減

このエントリーをはてなブックマークに追加

経費削減をしやすいものとして、交通費、事務用品などの備品の費用、通信費、パソコンやプリンター等にかかる費用が挙げられますが、主婦の節約と同じく、地道な努力が必要です。

しかし、経費を節約するために本業がおろそかになり収益が減ってしまっては本末転倒です。社員に経費削減を求めるのであれば、「航空券は格安航空会社を利用すること」などと利用する媒体を前もって示しておくと効果的です。

確定申告の教科書

交通費の経費削減方法

出張などの交通費を削減する方法をご紹介します。

交通費の経費削減を行うためには、明確なルール作りが必要です。基準があいまいですとどうしても楽な方に流れてしまいます。

 

電車代は金券ショップを利用する

特急や新幹線のチケットは金券ショップで安く入手することができます。

都市圏では、主要な駅の周辺に金券ショップが設置している格安切符の自動販売機があるので手軽に利用することができます。

 

格安航空会社を利用する

昨今では、格安航空券だけではなく、格安な航空会社も増えています。

利用する路線に格安航空会社がある場合はそちらを利用するように規定しておくと利用が促進されます。

 

回数券を活用する

有料道路やバスなど、頻繁に利用する道路や路線がある場合は回数券を利用すると1割ほど安くなります。

多くの社員が利用するのであれば効果は絶大です。

 

事務用品をあなどらない

事務用品などの消耗品は、利便性から翌日に配達してくれる通信販売を利用している、という会社や個人が多いと思います。確かに便利ですが、実は割高な商品も混在しています。

大量購入する場合には格安になっても、少数ですとむしろ高くつくものが多いので、頻繁に購入するものはディスカウントストアスーパーで購入した方がお得です。

 

通信費の経費削減

社員を多く抱える場合、会社で貸与する携帯電話の通話料や通信料は莫大なものになります。
特に営業課を抱える会社にとっては頭の痛い問題です。

しかし、現在では、携帯電話各社が通話し放題のプランなどもありますので、検討してみるとよいでしょう。

社内の電話は外線ではなく、インターネット回線を利用した通話に切り替えることも効果的です。

 

パソコンやプリンターの経費削減

パソコンやプリンターは高額な商品ですので、事前の価格調査を怠らないようにしましょう。
インターネットで性能と価格を比較できる便利なサイトがありますので、それを利用し格安の業者から購入すると効果的です。

また、パソコンを購入する際にマイクロソフト純正のオフィスソフトなしを選択することも経費削減になります。対外的にオフィス文書のやり取りを行うことが少ないのであれば、無料のオフィスソフトで十分といえるでしょう。

 

行き過ぎた経費削減の落とし穴

経費削減を意識しすぎたために社員のモチベーションが下がってしまっては、本末転倒です。
例えば、真夏の空調の設定温度を必要以上に高くすると業務効率が下がり、残業が増加してしまいます。涼しくなる夕方からしっかりと働こうと考える社員も出てきますので、快適な温度を保った方がトータルで考えるとプラスになります。


確定申告の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

繰延資産を考えるねこ

  • 個人向け
  • 法人向け

繰延資産とはなんですか?

繰延資産とは、「会社または個人事業主が支出する費用で、その支出効果が1年以上…

変動費と固定費の割合

  • 個人向け
  • 法人向け

変動費と固定費の違いはなんですか?

事業にかかるコストは、売上の上下にあわせて動くものとそうでないものに分類する…

経費率のグラフ

  • 個人向け
  • 法人向け

経費率とはなんですか?

経費率とは、収入に占める経費の割合です。 以前は、概算経費率というもの…

直接経費と間接経費

  • 個人向け
  • 法人向け

直接経費、間接経費とはなんですか?

直接経費と間接経費の違いは以下のように分けられます。 直接経費…事業…

経費の上限

  • 個人向け
  • 法人向け

経費(交際費)の上限金額はありますか?

経費として計上するのに上限金額がある場合もあります。 経費とひとくくり…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る