会社設立

  • 投稿
  • 2014/06/25
  • 編集
  • 2015/02/24

株式会社設立の手続きにかかる費用はいくらぐらいですか?

会社設立費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社を設立するための手続きとして、法務局にて行う登記申請があります。

~登記申請までにかかる費用~

  • 定款認証費用…50,000円
  • 定款印紙代…40,000円
  • 謄本手数料…2,000円前後
  • 登録免許税…150,000円

合計242,000円

上記費用が、株式会社設立の手続きかかる費用となります。

確定申告の教科書

株式会社設立の手続き

株式会社を設立するためには、書類の作成などいくつかの準備を行わなければなりません。
その中で、役所にて必要な手続きは以下の通りになります。

 

  1.  公証役場にて、定款の提出を行い、認証を得る。
    登記申請の際に提出する書類の中に、「定款」と呼ばれる会社の規則などを記した書類があります。
    この定款は事前に、公証役場に提出し認証をしてもらう必要があります。
  2. 法務局にて、会社設立の登記申請の手続きを行います。
    登記申請書と、認証済みの定款などを提出し、株式会社設立の登記申請を行います。
    この登記申請を行うと、会社設立の手続きは完了となります。

 

株式会社設立の手続き費用

「定款の認証」と「登記申請」を行うためには、費用を準備しておかなければいけません。流れとしては、「定款の認証」⇒「登記申請」となりますので、それぞれ必要に応じて前もって準備をしておきましょう。

定款の認証費用

定款の認証をするためには、以下の費用が掛かります。

  • 定款の認証費…50,000円
  • 定款の印紙代…40,000円
  • 謄本手数料…2,000円前後

合計 92,000円

ただし、電子定款といわれる方法で定款を作成された場合は、印紙代はかかりません。行政書士などの専門家に依頼した場合は、電子定款にて作成されるケースが多いでしょう。
※電子定款は、専用のソフトなどを使って作成する方式です。個人でソフトなどをそろえる場合は、印紙代よりも費用がかかってしまいます。

 

登記申請費用

定款の認証が無事に終了したら、定款やその他の必要書類を持って、法務局にて手続きを行います。
登記申請にかかる費用は、「登録免許税」という会社設立の際に納める必要がある税金です。

株式会社設立の場合、「登録免許税」は、

  • 資本金の1000分の7にあたるお金
  • 150,000円

上記の、いずれか多いほうの金額を納めなければいけません。

つまり、資本金が約2,300万円以下の場合は、登記申請費用は150,000円かかると思ってください。
これらの「定款認証の費用」と「登記申請費用」が、株式会社設立のための手続きにかかる費用となります。

株式会社設立をされる方は全員、この費用がかかりますので、ご確認ください。

 

まとめ

ご説明させていただいたように、株式会社設立には、少なくとも約24万円の費用を用意しなければいけません。これらの費用の他にも、もちろん会社の印鑑の作成や、備品をそろえなければいけないため、さらに費用がかかります。

また、まとまった資本金を用意しておく必要もあります。会社設立の手続きにかかる費用は、税理士などの専門家に依頼した場合も変わらない場合があります。

それは、上記でご説明したように、作成する定款を電子定款にすることで、かからなかった印紙代分を依頼料としているケースが多いためです。ご自身で会社設立をされるのもよいですが、同じ費用で出来るのであれば、専門家に依頼をするというのも安心といえるでしょう。

 


確定申告の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

分社節税

  • 個人向け
  • 法人向け

株式会社と合同会社の違いとは?

株式会社と合同会社は、 設立時にかかる費用面や認知度に大きな違いがあります…

会社設立メリットデメリット

  • 個人向け
  • 法人向け

株式会社設立のメリットとデメリットを教えてください

株式会社設立のメリットとデメリットは以下の通りです。 株式会社設立のメ…

会社設立流れ

  • 個人向け
  • 法人向け

株式会社設立の流れを教えてください

株式会社を設立するためには、以下の流れで行います。 発起人と社名の決…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る