青色申告

  • 投稿
  • 2014/06/26
  • 編集
  • 2015/02/26

青色申告の65万円控除の受け方を教えてください

青色申告65万円控除

このエントリーをはてなブックマークに追加

青色申告特別控除65万円を受けるためには、複式簿記で収支を記帳した上で、確定申告書に貸借対照表と損益計算書を期限内に提出する必要があります。

確定申告の教科書

青色申告の特別控除額は2種類

青色申告とは、白色申告よりも詳細な帳簿が必要となる代わりに、条件を満たせば最大65万円の控除を受けることが出来る確定申告方法です。提出する書類によって2種類の控除額が用意されています。

 

  • 青色申告特別控除10万円
    青色申告の届け出を提出し、簡易的な帳簿を記帳すれば受けることが出来る控除です。
  • 青色申告特別控除65万円
    青色申告の届け出を提出した上で、複式簿記で収支を記帳し、確定申告書の他に貸借対照表と損益計算書を提出することで受けることが出来ます。

 

 

青色申告特別控除65万円の受け方

青色申告特別控除65万円を受けるためには、白色申告や10万円控除以上に様々な書類が必要になります。

 

複式簿記で収支を記帳

簡易的な帳簿ではなく、正規の簿記の原則に従って記帳しなければなりません。
よって、現金出納を行っている場合は青色申告特別控除を受けることは出来ません。

 

貸借対照表と損益計算書を提出

複式簿記の帳簿の提出義務はありませんがこの2つの書類は確定申告書と共に提出しなければなりません。簿記の素養がなければすぐに内容を把握することが難しいものですので、会計ソフトなどを導入するのも一つの手です。

 

  • 貸借対照表
    貸借対照表とは、資産と負債・資本が一目で分かるように出来ている表です。
    現金が○○円、当座預金が○○円、定期預金が○○円などと自分の資産を項目別に記入する欄と、買掛金や未払い金といったマイナス部分を記入する欄に分かれています。慣れてしまえば難しくありませんが、初めて行う場合はスムーズに進みませんので、無料の会計ソフトなどを導入してみるとよいでしょう。
  • 損益計算書
    1年間の売上(収入)金額を記入します。さらに売上原価や、経費を項目別に記入します。もちろん、書かれている内容は複式簿記で記帳した内容と一致しなければなりません。こちらも会計ソフトを導入すると帳簿を付けるだけですべて計算してくれますので、手間がかかりません。

 

領収書や帳簿などの保管

経費や、仕入の領収書を保管しておかなければなりません。保管期間は7年です。

さらに、帳簿も7年間保管しなければなりません。帳簿は電子保管も認められていますので、スペースに限りがある場合はCD-Rやフラッシュメモリに保存しておいてもよいでしょう。(事前に税務署長の承認を得なければなりません)

 

 

青色申告を行うことが出来る人

事業所得、不動産所得、山林所得がある人が青色申告を行うことが出来ます。

不動産所得の場合は、ある程度の規模がなければ青色申告特別控除65万円を受けることが出来ません。5棟10室、といって一軒家であれば5軒、アパートマンションであれば10室以上所有していなければ対象となりませんのでご注意ください。

確定申告の教科書

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

青色申告を考える女性

  • 個人向け
  • 法人向け

青色申告10万円控除と65万円控除の違いを教えてください

青色申告10万円控除と65万円控除の違いは、作成する簿記とそれに伴う申告内容…

青色申告をメモする

  • 個人向け
  • 法人向け

青色申告10万円控除とはなにか?

青色申告者のみ活用することのできる青色申告特別控除の控除額には、65万円と1…

不動産登記をするサラリーマン

  • 個人向け
  • 法人向け

青色申告特別控除とはなんですか?

青色申告特別控除は、青色申告者が所定のルールに従って確定申告をすることで受け…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る