経理

  • 投稿
  • 2014/07/16
  • 編集
  • 2015/02/26

給与計算とはどのような業務を行いますか?

給与計算業務

このエントリーをはてなブックマークに追加

給与計算業務は、通勤手当の支給、パート、アルバイト代の支給、所得税の源泉徴収、各種保険(社会保険、厚生年金保険、労働保険など)、年末調整など従業員の給与に関連する様々な計算をしなければなりません。

従業員を雇いその従業員に給料を払う場合、その給与から所得税分を天引きしなければなりません。

従業員に代わって税金を納める事務所の等のことを「給与支払事務所等」と言います。

[関連項目]給与計算の主要業務

マルナゲ

給与計算業務

給与計算業務では、通勤手当の支給、パート、アルバイト代の支給、所得税の源泉徴収、各種保険(社会保険、厚生年金保険、労働保険など)、年末調整等々多岐に渡った計算をしなければなりません。

 

給与支払明細書の作成

最近は、パソコンを活用する会社が大半ですが、昇格の有無、残業時間、法改正もあり、経理担当者がチェックする項目は大変増えています。
パソコンによる給与計算、ソフトも出回っていますので、一昔前の個人の給与を手計算しているケースは少なくなっています。

しかし、計算の基礎ベースになるデータは、事前に個人ごとに揃えていなければなりません。
昇給や昇格の有無、金額を調べ、本給の修正業務、残業時間、早出・早退時間などの勤怠情報の計算、税金、保険料などの徴収業務と法改正などの有無のチェックなど、給与計算業務は多岐にわたっています。

こうした個人の情報を把握し、給与支払明細書を作成します。

また給与を現金で本人に渡す場合は、封筒に詰める作業、
銀行振り込みの場合は、銀行振込依頼書を作り、事前に銀行に持ち込まなければなりません。

 

所得税・住民税と各種保険の計算

会社が給与から所得税を天引きした源泉徴収作成の業務もあります。
源泉徴収額は、税務署が公表している「給与所得の源泉徴収税額表」に従い求めます。

住民税の特別徴収も会社が、従業員の給与から天引きして行うことになります。
社会保険料と労働保険料の計算業務もあります。

社会保険料については、標準報酬月額を標準報酬月額表に当てはめて求めます。

労働保険料の計算は、従業員の年間総額に、保険料率を乗じて、得た額を、会社が年1回概算で納付しておき、1年後に労働保険料を計算し、概算額と精算します。

 

このように、給与計算業務は、ただ個人の本給を計算すればよいと言うのではなく、多岐に渡った計算業務をしなければなりません。

 

給与支払事務所等の開設届出書

従業員を雇う場合、給与支払事務所等であることを税務署に届け出る必要があります。

これは「給与支払事務所等の開設届出書」に必要事項を記入して、確定申告を提出する税務署に提出します。

「給与支払事務所等の開設届出書」の期限は、給与支払事務所等になってから1ヵ月以内となります。

 

給与計算業務の注意点

給与計算の中で最も注意がいるのは、
「給与明細通りの金額が本人に、支払われたかどうか」ということでしょう。

給与は毎月本人に全額、現金で支払わねばならず、ミスは許されません。

賞与や退職金、パート代などもあり、人に関する費用の取り扱いは様々です。
計算ミスは絶対許されません。

この「給与」の定義は、法人税では、会社が従業員に労務の対価として支払う金銭を指します。

 

給与の法的呼び方

労働基準法では「賃金」、健康保険法・厚生年金保険法では「報酬」、所得税法では「給与所得」というように、法律によって定義も呼び方も変わります。


マルナゲ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

給与計算

  • 個人向け
  • 法人向け

給与計算のための賃金支払基礎日数とはなんですか?

賃金支払基礎日数とは、基本給が支給された日数のことです。 賃金の支払い…

会計ドットコム  編集部

会計ドットコム(会計.com)は、会計にまつわる疑問やお悩みを解決できる「会計メディアプラットホーム」です。会計に関するのお役立ち情報を随時更新しております。また、税理士紹介サービスなど、経営者様必見のサービスも展開中です。ぜひご覧ください。

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る