初めてでもわかる経理解決完全ガイド

経理のグラフ

経理

事業のお金の動きを管理する経理の仕事は、日々の現金管理を行う出納業務から、帳簿づけ、従業員の給料の計算、決算業務など様々な業務があります。

経営者自らが経理業務を行っている場合もあれば、経理担当者を置いている場合もありますが、どちらにおいても、しっかりと業務内容を把握しておかないと、事業に支障が出る可能性もあります。

重要な役割を担う経理業務がきちんと行われていないと、資金を正確に把握することが出来ず事業の発展も難しくなるといえますので、ご注意ください。

経理 新着情報

一覧を見る

2015/02/12
給与計算のための賃金支払基礎日数とはなんですか?
2014/12/03
現金主義、発生主義とはなんですか?
2014/11/27
記帳代行について
2014/10/21
年末調整の還付金はいつ支払うべきですか?
2014/10/14
理美容業の経理のポイントとは

経理の仕事(従業員給与関連)

給与計算業務

給与の計算

給与計算業務とは、その名の通り従業員に支給する給与を計算することです。
所得税の天引きや住民税の特別徴収の計算、社会保険料と労働保険料の計算もしなければいけません。

人に関する費用である給与計算は、絶対にミスをすることは許されないため、細心の注意が必要です。

参考となるQ&A

年末調整

年末調整を記す

年末調整に関する業務は経理の仕事の中で大きなポイントとなる業務です。
毎月の給与で徴収した所得税の合計と実際に納めるべき所得税の過不足を調整するために、年末の最後の給与の支給時に年末調整の計算を行います。
また社員からも控除の申告書を集めなければならないため、手間と時間がかかる作業といえるでしょう。

参考となるQ&A

経理の仕事(会計関連)

記帳業務

記帳データを打ち込む

日々の収支を帳簿づけする記帳業務。
請求書や領収書、経費の明細などを細かく仕訳し、帳簿づけしたうえで保管しなければいけません。この記帳業務に間違いがでると、会社の資金状況と差異が生じたり、申告時に計算が合わないということになります。

参考となるQ&A

決算業務

大量の決算資料

毎月の記帳業務のゴールが決算業務です。
個人事業主の場合は、12月が最終月となりますが、法人の場合はそれぞれの決算月に決算業務を行います。売上支出の合計を求めるだけでなく、在庫の管理も必要となります。決算処理の結果を総勘定元帳に記載し、それをもとに申告書の作成を行いましょう。

参考となるQ&A

経理サービスを活用する

上記からわかるように、経理は1年を通じて様々な業務を行わなければいけません。そのため一部業務に関しては、税理士に委託したり、専門サービスを活用されるケースが非常に多くなってきています。

日々の記帳業務から、申告まで、経理に関するサービスは様々です。経理作業に追われ本業に支障が出てしまっては問題ですし、また複雑な税務知識を習得するのも大変です。
 
経理作業の合理化を検討している方は、ぜひご活用ください。

会計ドットコム経営者向け特別サービス

会計ドットコム記帳代行サービス

面倒な帳簿づけを委託したいという方におすすめ!

記帳代行

「事業が忙しく、帳簿づけが後回しになってしまっている」「税務知識が少なく仕訳方法がわからない」そんな方におすすめなサービスが、記帳代行サービスです。

●個人事業主:月8,500円(税別)
●法人企業:月12,000円(税別)

面倒な帳簿づけをおまかせいただけます!

毎月、領収書や通帳のコピーを専用封筒にいれて送るだけ!
複式簿記による帳簿づけが可能ですので65万円の控除が受けられます。

複雑な税務知識が不要な記帳代行サービスをぜひご活用ください。

初めてでもわかる「会計解決完全ガイド」

このエントリーをはてなブックマークに追加

会計ドットコム サイト内検索

ページの先頭へ戻る